学習アプリ一覧

もう諦めない!継続できる英語ニュースアプリ【POLYGLOTS】

「POLYGLOTS」は、2014年5月に創業した株式会社ポリグロッツが提供する英語ニュースアプリです。あの有名なNew York TimesやBBCなどに掲載されたニュース記事を読むことができます。ただ英語のニュースを読むだけのアプリなら、他にもたくさんありますよね?今回わざわざPOLYGLOTSを取り上げたのは、一般的なニュースアプリと違ってPOLYGLOTSには英語学習に特化した様々な機能が付いているからです。それでは、いま話題のPOLYGLOTSについて紹介していきます。

カテゴリー アプリ
ジャンル 英語リーディング、英単語、リスニング
対象学年 高校生~
デバイス

iPhone、Android

価格 無料

POLYGLOTSの特徴

  • 興味のある分野に絞って学習ができる
  • 英語学習に役立つペースメーカー機能
  • 便利なワンタップ辞書機能
  • 自分だけの単語帳が作れる

興味のある分野に絞って学習ができる

日頃の英語学習の際、全く興味のない分野の長文を読むのはかなりの苦痛ですよね。日本語でさえ読むのに抵抗があるのに、ましてや英語ならなおさらでしょう。POLYGLOTSでは全22のテーマの中から興味のあるテーマを選んで学習できるので、英語学習が苦痛なものではなく、むしろ楽しいものとなるでしょう。今回は22のテーマの中から、「英語学習」というテーマを選んでみました。ここでは、日本語訳のある記事やリスニングもできる記事、日常会話を学べる記事など英語学習の役に立つコンテンツが充実しています。また、読むのにかかる予想時間や記事の難易度が表示されているので自分の英語力に合った記事を選ぶことができます。

 

英語学習に役立つペースメーカー機能

POLYGLOTSには、ペースメーカー機能という非常に優れた機能があります。これはニュース記事を読んでいるときに、ある一定のスピードで画面が上にスクロールしていくという機能です。スピードはWPMで表示されていて、自分のリーディング力に合わせて自由に変更することができます。ちなみにWPMとは「Words Per Minute」の略で、1分あたりに読むことが可能な単語数のことを意味します。一般的なネイティブのWPMが230~300といわれているので、英語が苦手な人はまずは180などに設定して、徐々にスピードを上げていくと良いでしょう。このペースメーカー機能を利用することでリーディング力が身に付き、速読の練習にもなるので、ぜひ有効に活用していただきたい機能です。

 

便利なワンタップ辞書機能

英語のニュースを読みはじめたばかりの人によくありがちなのが、1カ月も経たないうちに挫折してしまうことです。その理由としては、ニュースには難しい英単語が多いということが挙げられます。分からない単語が出てくるたびに辞書で検索、、、なんてことを繰り返してるといつまでたっても読み終わりません。これでは、せっかくのペースメーカー機能も意味がなくなってしまいますし、なにより効率が悪いです。そこでPOLYGLOTS独自のワンタップ辞書機能が非常に役に立ちます。ワンタップ辞書機能は名前の通り、単語にタップするとその単語の意味がすぐに表示されるという機能です。この機能を使うことで分からない単語があってもスラスラ読めるので、挫折しないで継続して学習することができます。

 

自分だけの単語帳が作れる

「ワンタップ機能は確かに便利だけど、分からない単語の意味を毎回調べていたら結局単語が定着しないのでは?」と思った人もいると思います。もちろんPOLYGLOTSは、その点もしっかりと対策をしています。ワンタップ辞書機能で一度調べた単語は、「検索単語」としてまとめられます。これによって、分からなかった単語を何度も復習することができます。また、ブックマーク機能がついているので、自分だけのオリジナルの単語帳をつくることもできます。単語帳は下の画像のようになっていて、画面をタップするとその単語の意味が出てくるようになっています。その他にもTOEICによく出る単語リストがあり、そこから単語テストを受けることもできます。

 

総括

いま話題のPOLYGLOTSについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。POLYGLOTSの便利な機能をここまで紹介してきましたが、そのどれもに共通しているのがユーザーの継続的な英語学習をサポートしているということです。英語が上達するために一番大事なことは、継続して学習を続けることです。ぜひ、POLYGLOTSを有効に活用して英語学習を継続していきましょう!

ダウンロードはこちらから!