参考書一覧

おすすめの英作文の参考書10選【大学受験】

おすすめの英作文の参考書10選

英語の基礎力を身につけるうえで、避けて通れないのが英作文の学習です。英作文の学習も、単語や文法の学習と同様に暗記を中心とした学習になります。しかし、ただ英文を暗記をするだけでは成績は伸びていきません。

英作文を暗記する上で重要なのは、英文の文章構造を正確に把握したうえで暗記をしていくことです。これを意識することで、英文を書く力を身につけると同時に、和訳問題などでも得点が取れるようになります。今回は、英作文の学習に役立つ参考書を10冊紹介します。

おすすめの英作文の参考書10選

  1. 英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える
  2. これが英作文―「英借文」から始まる英作文の学習
  3. ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
  4. 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本
  5. 夢をかなえる英作文 ユメサク
  6. 大矢復 英作文講義の実況中継
  7. 大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編/自由英作文編
  8. 入門編 英作文のトレーニング/実戦編 英作文のトレーニング
  9. [自由英作文編]英作文のトレーニング
  10. 減点されない英作文

1.英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える

 大手予備校の駿台から出版されている英作文の参考書です。300個の英文とその和訳が掲載されているというシンプルな構成になっています。この参考書の良いところは、掲載されている英文の質が非常に高いという点です。300の英文を、SVO、SVOCなどといった文章の構造を把握したうえで暗記することによって効率的に英作文の力を身につけることができます。ただし、解説が少ないので、ある程度英語に自信がある人が使用するのが良いでしょう。また、同じ駿台出版から『新・基本英文700選』も出ていますが、こちらは英文の数が多すぎてオーバーワークなので、よほど時間に余裕のある受験生以外は使わなくて良いでしょう。

2.これが英作文―「英借文」から始まる英作文の学習

大手予備校の河合塾から出版されている英作文の参考書です。掲載されている殆どの例文が10〜20単語の短い文章で、約200の例文が紹介されています。この参考書は先ほど紹介した『英作文基本300選』と同じように例文を暗記していくタイプの参考書です。解説が非常に丁寧で、別解も掲載されているので、英語に自信のない方でも安心して学習を進めることができます。英語に自信のある人は『英作文基本300選』、あまり自信のない人はこの参考書を利用するのが良いでしょう。

3.ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

英作文に使える英文を100個紹介している参考書です。100個というと数が少ないと感じる人もいるでしょうが、一つの英文に対して見開き2ページで詳しく解説されているので、基礎的な英作文の力を身につけることができます。さらに、センテンスごとに文法についての知識も解説されているので、基礎的な知識が不足している人でも内容を理解することができるようになっています。これから英作文の学習を始める人から、英作文の基礎的な力を身につけたいという人におすすめの参考書です。

4.竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

上記の『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』の作者である竹岡広信氏の著書です。内容としては、ドラゴン・イングリッシュとそれほどの違いはないのですが、こちらのほうが分厚く、量が多くなっています。なので、時間に余裕のある学生は、こちらの参考書を使えばいいでしょう。逆に、あまり時間に余裕のない学生や英語があまり得意でない学生は、ドラゴン・イングリッシュを利用すればいいでしょう。

5.夢をかなえる英作文 ユメサク

ユメタンシリーズでお馴染みのキムタツ先生の著書です。例文のテーマが、天気・学校生活・健康・比較文化・科学技術・政治・経済などの10の分野に分かれていて、合計で720もの例文が紹介されています。”英作文の極意は和文英訳にあり”というコンセプトのもと、与えられた日本語を自分の表現力や語彙力の範囲で英語に直せるようにするプロセスを徹底的に解説しているので、和文英訳が苦手な人や英作文の力をもっと伸ばしたい人におすすめです。

6.大矢復 英作文講義の実況中継

大学受験の参考書では定番の実況中継シリーズです。「日本語と英語の発想はもともと違う」という原点に立ち返り、誤答例を見ながら英作文で使える文法や語法を詳しく紹介しています。3つのPartで構成されていて、Part1ではうっかりしやすい文法のポイント、Part2では間違えやすい単語・語法の知識、Part3では自由英作文を攻略するための方法を解説しています。実況中継シリーズは、実際の講義を受けているのと同じような感覚で学習することができるので、理解しやすくとっつきやすいという特徴があります。そのため、英作文の学習をしてこなかった学生や基礎的な英語力に不安のある人に特におすすめです。

7.大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編/自由英作文編

上記の実況中継の著者である大矢先生の参考書です。実況中継よりも少し難易度が上がっているので、実況中継の学習を終えた人は、これらの参考書を利用すると良いでしょう。和文英訳編では、厳選された英文が287文掲載されており、例題や復習問題、過去問を通した実践的な学習により和文英訳の力を身につけることができます。自由英作文編では、書き方の土台となるパラグラフの構成の仕方や難関国立・早慶を中心に急増中の要約問題、さらに繰り返し出題されている手紙・eメール問題への対策などを解説しており、総合的な自由英作文の力を身につけることができます。

8.入門編 英作文のトレーニング/実戦編 英作文のトレーニング

Z会出版の参考書です。入門編は、100題の例題で構成されていて、それぞれの例題に対して2通りの解答が用意されています。先生と生徒の対話形式で解説されているので、非常に分かりやすくなっています。これから英作文の学習を始める人におすすめです。それに対して実践編は、標準編・上級編・自由英作文編・別冊暗唱文という段階別の構成をしています。入門編を終えた後に学習することで、着実に英作文の力を身につけることができます。

9.[自由英作文編]英作文のトレーニング

Z会出版の自由英作文に特化した参考書です。「譲歩→逆接→主張」といった自分の意見を示す論理的な英文の組み立て方を詳しく解説するとともに、会話文完成・図表イラスト説明・要約・意見論述という最新の入試傾向を踏まえた多様な形式の演習問題が23問掲載されています。難易度の高い問題を扱っているので、自由英作文が出題される難関私立や難関国立を受験する人に特におすすめです。

10.減点されない英作文

減点方式で採点される英作文の性格を踏まえた上で、どのようにして減点されない解答を作り上げるのかを徹底的に解説した参考書です。この参考書の内容に沿って安全な英作文を書く力を身につけることで、効率よく試験で合格点をとることが可能になります。英作文の学習をある程度進めてきた人が、最終的な仕上げとしてこの参考書を利用するのが良いでしょう。

総括

ここまで英作文の参考書を10冊紹介しましたが、いかがでしたか。様々な種類の参考書がありますが、そのどれもが異なった特徴を持っています。ぜひ、この記事を参考にして、自分に合った英作文の参考書を探してみて下さい!
この記事が参考になったと思う方は、ぜひいいね!やブックマークをしていただけると幸いです。