おすすめの英語長文読解の参考書8選【大学受験】

英語長文の参考書8選

単語や文法などの基礎的な学習を終えても、模試で思うように成績が伸びないという受験生を多く見かけます。こういったケースの場合、長文読解の対策をおこなっていないことが原因となっていることが多くあります。また、センター試験や大学入試においては、長文問題が最も多くの配点を占めているので、ここで点数を取れるようにならなければ、第一志望校への合格は厳しいものとなってしまいます。そこで今回は、長文問題で思うように点数が取れないという人におすすめの英語長文の参考書を8つ紹介します。

なお、長文読解の勉強法については『英語長文読解を攻略!速読を身につける方法』を参考にしてみてください。

おすすめの英語長文の参考書8選

  1. やっておきたい英語長文300/500/700
  2. 大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2/レベル3
  3. 英語長文速読トレーニングLevel 1/Level 2
  4. 速読のプラチカ―英語長文
  5. キムタツ式英語長文速読特訓ゼミ 基礎レベル編/難関レベル編
  6. 竹岡の英語塾難関大入試英語長文特別講義
  7. 情報構造で読む英語長文―代々木ゼミ方式
  8. 英語長文問題精講 新装版

1.やっておきたい英語長文300/500/700

河合塾から出版されている『やっておきたい英語長文シリーズ』は、長文問題集の定番ともいえる参考書です。頻出テーマが網羅されるように長文が紹介されているので、何度も繰り返すことで確実に力がつきます。300はセンター試験レベル、500は中堅私立大学、700は難関私立大~国公立大レベルとなっているので、自分の英語力に合っているものを選べば良いでしょう。なお、『やっておきたい英語長文1000』も出版されているのですが、こちらは超長文問題のみが掲載されているので、ほとんどの受験生は手をつける必要がないと思います。

2.大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2/レベル3

東進衛星予備校のカリスマ英語教師として人気の高い安河内哲也先生の著書です。12個の長文が紹介されていて、1文1文について徹底的に解説をしてくれているので、英語が苦手な人でも無理なく学習を進めることができます。また「速読トレーニング」では、速読をするためには絶対に欠かすことのできない”音読”の正しいやり方を紹介しています。この方法に従いながら、付属のCDを用いて音読やシャドーイングを繰り返すことで確実に英文を速く読む力を身につけることができます。なお、レベル1は非常に簡単なので、中学レベルの英語から分からないという人以外は購入しなくて良いでしょう。

3.英語長文速読トレーニングLevel 1/Level 2

こちらも安河内先生の著書です。ハイパートレーニングと同様に付属のCDを使いながら、音読を通して速読を身につけていくという参考書です。ポーズ付きのCDになっているので、正確な発音で音読を音読することができます。解説も丁寧で、一人で学習を進めていけるような工夫がされています。正直なところ、ハイパートレーニングと内容的にそれほど差がないので、アマゾンのレビューなどを参考にして気に入ったほうを使用すればいいと思います。

4.速読のプラチカ―英語長文

河合塾から出版されている英語長文の問題集です。掲載されている問題のほとんどが私立大学の過去問であるため、MARCHなどの中堅私立大学や早慶上智などの難関私立大学を志望する人におすすめの参考書です。収録されている長文問題の質は非常に高いので、問題演習を重ねることで自然と読解力が身につくようになっています。ただし、解説があまり詳しくないので、ある程度の英語力を持っている人が利用すると良いでしょう。

5.キムタツ式英語長文速読特訓ゼミ 基礎レベル編/難関レベル編

灘高で教師をしているキムタツこと、木村達也先生の著書です。スキミング(大意把握)、スキャニング(情報検索)、音読の3ステップを基本として速読の力や、より速く正確に設問に答える力を身につけていきます。単語や文法といった基礎的な内容の学習がある程度進んでいる前提で書かれているので、解説は比較的少なめです。ただし、掲載されている長文はとても面白いので、ストレスなく読み進めることができます。付属CDの音声が非常に速いので、この音声と同じ速度での音読を繰り返すことで、速読の力をつけることができますし、リスニング力の強化にもつながります。

6.竹岡の英語塾難関大入試英語長文特別講義

ドラゴン・イングリッシュで有名な竹岡広信先生の著書です。難関大の英語長文16題が掲載されています。付属のCD2枚には16題の音声が2種類の読み方で入っています。通常の”ナチュラルリーディング”に加えて、文章を意味ごとに区切って読む”スラッシュリーディング”も収録されているので、シャドーイングの練習に非常に役に立ちます。また、東大をはじめとする難関国公立大の対策を兼ねて、英文要約問題が5題掲載されています。英文の難易度が高い割に解説があまり多くないので、ある程度の英語力がある人におすすめです。

7.情報構造で読む英語長文―代々木ゼミ方式

『ポレポレ英文読解プロセス50』の著者として有名な西きょうじ先生の本です。比較的優しい長文問題から難しいものまで、幅広く掲載されています。構文解説や文章の流れについても丁寧に解説されているので、取り組みやすくなっています。ポレポレを利用して英文解釈の方法を身につけた後に、本書に取り組むことで、より効率よく学習を進めることができるでしょう。

8.英語長文問題精講 新装版

昔から定番となっている長文問題集です。良質な長文問題が60題掲載されているので、とにかく多くの長文に触れることができます。とにかく量が多いので、取り組む際には最後まで終わらせる覚悟を持ちましょう。難易度が高い割に、解説はかなり少なくなっているので、英語が苦手な人は手を出さないほうが良いでしょう。

総括

ここまで長文問題集を8冊紹介しましたが、いかがでしたか。様々な種類の問題集がありますが、そのどれもが異なった特徴を持っています。ぜひ、この記事を参考にして、自分に合った長文問題集を探してみて下さい!
この記事が参考になったと思う方は、ぜひいいね!やブックマークをしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オンライン予備校Best5

1位 スタディサプリ

スタディサプリ スタディサプリはリクルートによって開始されたオンライン予備校サービスです。月額980円という低価格で有名講師の授業を何度でも受講できます。

2位 e点ネット塾

e点ネット塾 e点ネット塾は日本初のインターネットを使った学習サービスです。基礎的な内容が多いので学校の授業についていけていない学生や中学校の勉強から復習しなおしたい学生におすすめです。

3位 秀英iD予備校

秀英iD予備校 秀英予備校が提供しているインターネット動画配信サービスです。秀英予備校のトップ講師陣による質の高い授業を自宅にいながら受講することができます。

4位 大学受験ディアロ

大学受験ディアロ 大学受験ディアロは、大手予備校の栄光ゼミナールとZ会の英知を結集した全く新しいタイプの予備校です。映像授業と個別指導の双方のメリットを活かした画期的な指導法が話題です。

5位 東進在宅受講コース

東進ハイスクール在宅受講コース 東進ハイスクールが提供しているインターネット動画配信サービスです。テレビでもお馴染みの一流講師による質の高い講義を提供しています。

ピックアップ記事

  1. いま話題のオンライン予備校10選

    いま話題のオンライン予備校・ネット塾を11個まとめてみました。

    ここ最近、インターネットに接続できる環境があればどんな場所でも、プロの講師の授業を受講できるオンライ…

おすすめ記事

  1. 大手予備校の模試日程一覧
    早くも4月になり、高校三年生は入試まであと1年を切ってしまいました。高校一年生や二年生も、だんだんと…
  2. おすすめの英文法の参考書
    英語の基礎的な力を身につけるために必要なのが、英文法の学習です。英語で高得点を取るためには、英文法を…
  3. おすすめの英作文の参考書10選
    英語の基礎力を身につけるうえで、避けて通れないのが英作文の学習です。英作文の学習も、単語や文法の学習…
  4. 参考書
    受験シーズンもいよいよ終盤になってきました。私立大学の受験も終わり、あとは国立大学の受験を残すのみで…
  5. 英単語帳
    ある程度大きな書店に行くと、英単語の参考書があまりにも数多くあるので、どれを選べばいいのか分からなく…
ページ上部へ戻る