お役立ちコンテンツ

やる気が起きない時こそ読みたい!受験勉強のモチベーションを上げる本6選

受験のやる気モチベーションを上げる本

大学受験を意識し始める時期は、人によって異なると思いますが、だいたい高校1・2年生あたりから意識するようになる学生が多いのではないでしょうか。そうなると、学生は2~3年という長い期間を受験勉強に費やすことになります。このように大学受験は期間が非常に長いため、体調を崩したり、なんとなくやる気が起きなくて、勉強をサボりがちになってしまう学生も多いでしょう。しかし、受験勉強で大切なことは毎日毎日コツコツと勉強を続けていくことです。受験においては、日々の学習を継続することが一番大事なのです。そこで、この記事では、やる気が落ちてきた学生に向けて受験勉強のモチベーションを上げるための本を6冊紹介します。

受験勉強のモチベーションを上げる本6選

  1. 和田式勉強のやる気をつくる本―やれない自分を変えるちょっとしたアイデア75 (新・受験勉強法シリーズ)
  2. 現役東大生がこっそりやっている、すごい! 勉強のやり方
  3. 手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
  4. 勉強がしたくてたまらなくなる本
  5. 君と会えたから・・・
  6. 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

1.和田式勉強のやる気をつくる本―やれない自分を変えるちょっとしたアイデア75 (新・受験勉強法シリーズ)

受験業界では有名な和田秀樹氏の著書です。携帯の電源オフを合図に勉強開始、目標を小分けにしてやる気を維持する方法など、モチベーションを高めるための方法が75個紹介されています。受験生の心理を非常によく捉えていて、共感できる内容になっています。また、レイアウトも綺麗で見やすくなっているため、勉強で疲れた後でも気軽に読むことが出来ると思います。勉強をさぼってしまいがちな長期休暇などに読んだり、勉強の合間の息抜きとして読むと効果的だと思います。

和田式勉強のやる気をつくる本―やれない自分を変えるちょっとしたアイデア75 (新・受験勉強法シリーズ)

新品価格
¥1,080から
(2016/7/7 22:58時点)

2.現役東大生がこっそりやっている、すごい! 勉強のやり方

この本には、勉強をする上でなによりも大切なことは「どうやってモチベーションを維持するか」とはっきり書かれています。そして、そのために日々の勉強を楽しくするためのコツが紹介されています。左ページにイラスト、右ページに説明が書かれているので、日々の勉強で疲れている人でもさらっと読むことが出来ます。勉強のコツがたくさん紹介されていますが、そのすべてを実践する必要はないと思います。まずは手軽に実践できるものから始めるだけでも、かなり効果があると思います。自分の勉強法が正しいのか不安な学生にぜひとも読んでほしい一冊です。

現役東大生がこっそりやっている、すごい! 勉強のやり方

新品価格
¥864から
(2016/7/7 22:59時点)

3.手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜

なんのために勉強するのだろう?なんのために大学に行くんだろう?誰もが一度はこうした疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。この本の主人公の和花は高校2年生。彼女は、兄の紹介で「手紙屋」と呼ばれる人物と手紙のやりとりを交わすようになり、学ぶことの本質や面白さに目覚めるようになっていきます。大学に行きたいけれども、どうしても勉強のやる気が出ずに葛藤する主人公に共感する人も多いのではないでしょうか。人生について深く考えさせられる本なので、学生だけでなく保護者の方々にもぜひとも読んでほしい一冊です。

手紙屋 蛍雪篇~私の受験勉強を変えた十通の手紙~

新品価格
¥1,620から
(2016/7/7 23:00時点)

4.勉強がしたくてたまらなくなる本

東進ハイスクールや河合塾などで講師をしていた廣政愁一氏の著書です。「勉強を習慣化するために何かを捨てる」、「勉強するのではなく鉛筆を30秒握ると考える」など様々なメソッドが紹介されていて、自然と実践してみたくなってしまいます。ここで紹介されているメソッドの一部を実践するだけでもかなり効果があると思います。どうしても勉強をサボりがちな人や全く勉強の習慣が身についていないという人におすすめの本です。

勉強がしたくてたまらなくなる本

新品価格
¥1,404から
(2016/7/7 23:00時点)

5.君と会えたから・・・

将来に対する不安を抱えながらも、やりたいことも見つけられずに無気力に過ごしていた高校生の主人公。その一方でやりたいことはあるがそれを果たすことができない少女。少女との出会いで主人公がだんだんと変わっていきます。この本は、「人生を無駄にせずに日々を大切に生きること」の大事さを教えてくれます。中学生や高校生でも読みやすい内容になっているので、勉強の息抜きに読んでみることをおすすめします。毎日の勉強が作業のようになってしまっていて、勉強がはかどらないという人にはぜひとも読んでほしい一冊です。

君と会えたから・・・

新品価格
¥1,469から
(2016/7/7 23:00時点)

6.学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

女優の有村架純さんが主演をつとめたことで有名な映画『ビリギャル』の原作となった作品です。この作品は高校二年の夏の時点で、全国模試の偏差値がわずか30だった金髪ギャルのさやかが慶應義塾大学に現役合格するまでの一年半が描かれたノンフィクション小説です。受験勉強の息抜きとして、物語を楽しみつつ、ところどころに紹介されている受験テクニックなども参考にすると良いでしょう。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

新品価格
¥562から
(2016/7/7 23:02時点)

総括

ここまで受験のモチベーションを上げるための参考書を6冊紹介しましたが、いかがでしたか。受験勉強は長期戦なので、体調を崩して習慣が途切れてしまったり、やる気が起きずに勉強をサボってしまいがちです。そんなとき自分のモチベーションを高めてくれる本がそばにあると非常に心強く、辛いときの支えになってくれます。この記事で紹介した本の中に気になった本があれば、ぜひ読んでみてください。

この記事が参考になったという方は、いいね!やブックマークをしていただけると幸いです。