大学受験に塾・予備校は必要か

塾

塾・予備校なしで合格は可能か

大学受験をするにあたって、予備校に通うか悩んでいる受験生や経済的な理由で通うことができない受験生は多くいます。周りが予備校に通っている中、自分だけが予備校に通っていないと不安な気持ちになりますよね。まずは、予備校に通うことのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

モチベーションを維持することができる

予備校に通うメリットとしては、毎週授業を受けることで、勉強が習慣化し、モチベーションの維持ができるということが挙げられます。受験は長期戦なので、どうしてもモチベーションが低くなってしまうことがあります。わざわざ高額なお金を払って予備校に通っているので、モチベーションが上がらなくても、授業をサボることはしないでしょう。(中にはサボってしまう学生もいますが、、、笑) 予備校に通っていれば、モチベーションに関わらず、勉強をしなければならない状況に立たされるというのは大きなメリットだと思います。

分からない問題を質問できる

参考書を勉強していると、どうしても分からないところが出てきてしまうことがあります。特に苦手科目を勉強しているときには、分からないところがたくさん出てきてしまうかもしれません。そうしたとき、予備校の講師に質問をすることで、効率よく理解することが出来ます。分からないところを理解するのに何時間もかけていると、効率が悪く、結果として他教科の勉強時間も減ってしまいます。

自習室を利用できる

予備校には自習室があるので、勉強する場所を確保できるというメリットもあります。家で勉強をしていると、様々な誘惑があるので、どうしても勉強に集中できないことがあると思います。自習室では勉強に集中し、家ではゆっくり休むといったメリハリをつけることで、勉強の質が上がっていきます。オンオフの切り替えをつけることができるという点で自習室は非常に役に立ちます。

授業のペースに合っていないと効率が悪い

予備校の授業は、大勢の学生が受けるものです。当然、あなたの学習ペースに合わせて授業がおこなわれるわけではありません。授業のペースが遅いと、効率が悪く時間がもったいないです。逆に、ペースが早いときには、授業についていくことができないため、高額なお金を支払っているのに全く実力がつきません。

講師による当たりはずれが大きい

大手の予備校では、たくさんの講師がいます。当然、授業が分かりやすく人気のある講師もいれば、分かりにくく人気のない講師もいます。人気のない講師の授業を1年間受けなければならないこともあります。この場合は最悪のケースで、勉強に対するモチベーションも上がらず、効率の悪い時間を過ごすことにもなるので、予備校に通うことがかえってデメリットになってしまいます。予備校に通うのならば、講師は慎重に選びましょう。

予備校のテキストは全てを網羅しているわけではない

予備校の授業は、基本的に各科目を週に1回受講します。しかし、それだけの授業では志望校に合格するために必要な勉強量を確保できません。結局、授業とは別に独学で参考書を勉強することになります。また、予備校の授業は様々な志望校の生徒が受講しているので、通年の授業では志望校に特化した授業を行っていません。そのため、志望校に特化した勉強をすることができず、効率が悪くなってしまいます。

予備校に通う≠勉強している

予備校に通っているだけで、勉強したと勘違いをしている学生がいます。そうした学生は、ただ予備校の授業を受けているだけで、予習や復習を怠っているので成績が伸びません。大事なのは、予習と復習をしっかりとおこなうことです。特に、復習が一番重要で、この作業をしないと授業の内容が全く定着しません。

理解していることも聞かなければならない

予備校の授業は、様々な学生に向けておこなわれるものなので、すでに勉強した分野や得意な分野の講義も聞かなければならないのです。苦手な分野や理解のできていないところだけを受講するという効率的な授業の受け方をすることはできません。

結論

予備校のメリットとデメリットについて述べてきました。ここまで読んだ学生ならわかると思いますが、結論としては、予備校なしで合格することは可能です。予備校のメリットとして挙げた自習室に関しては、図書館や有料自習室によって代用することができますし、「Studyplus」というアプリのおかげでモチベーションの維持をすることも容易になりました。(Studyplusに関する記事はこちら) また、高額な予備校に通うぐらいなら、月額980円で一流講師の授業を受けることができる「受験サプリ」をオススメします。(受験サプリに関する記事はこちら) 受験サプリなら、同じ講義を何度も受講できるため、授業のペースについていけなくなることもありません。また、自分に合った講師の授業を受講することもできますし、分野別に授業を受けることができるので、理解している分野を飛ばして効率よく勉強をすることができます。昔と違って、参考書が豊富にあり、安価なオンライン予備校も出現したことで、これまでとは違った受験勉強のスタイルが確立されようとしています。効率よく勉強をすすめて、志望校への合格を勝ち取りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. いま話題のオンライン予備校10選

    いま話題のオンライン予備校・ネット塾を11個まとめてみました。

    ここ最近、インターネットに接続できる環境があればどんな場所でも、プロの講師の授業を受講できるオンライ…

おすすめ記事

  1. 大手予備校の模試日程一覧
    早くも4月になり、高校三年生は入試まであと1年を切ってしまいました。高校一年生や二年生も、だんだんと…
  2. おすすめの英文法の参考書
    英語の基礎的な力を身につけるために必要なのが、英文法の学習です。英語で高得点を取るためには、英文法を…
  3. おすすめの英作文の参考書10選
    英語の基礎力を身につけるうえで、避けて通れないのが英作文の学習です。英作文の学習も、単語や文法の学習…
  4. 参考書
    受験シーズンもいよいよ終盤になってきました。私立大学の受験も終わり、あとは国立大学の受験を残すのみで…
  5. 英単語帳
    ある程度大きな書店に行くと、英単語の参考書があまりにも数多くあるので、どれを選べばいいのか分からなく…

いいねやフォローお願いします!






オンライン予備校Best5

1位 スタディサプリ

スタディサプリ スタディサプリはリクルートによって開始されたオンライン予備校サービスです。月額980円という低価格で有名講師の授業を何度でも受講できます。

2位 e点ネット塾

e点ネット塾 e点ネット塾は日本初のインターネットを使った学習サービスです。基礎的な内容が多いので学校の授業についていけていない学生や中学校の勉強から復習しなおしたい学生におすすめです。

3位 秀英iD予備校

秀英iD予備校 秀英予備校が提供しているインターネット動画配信サービスです。秀英予備校のトップ講師陣による質の高い授業を自宅にいながら受講することができます。

4位 大学受験ディアロ

大学受験ディアロ 大学受験ディアロは、大手予備校の栄光ゼミナールとZ会の英知を結集した全く新しいタイプの予備校です。映像授業と個別指導の双方のメリットを活かした画期的な指導法が話題です。

5位 東進在宅受講コース

東進ハイスクール在宅受講コース 東進ハイスクールが提供しているインターネット動画配信サービスです。テレビでもお馴染みの一流講師による質の高い講義を提供しています。
ページ上部へ戻る