お役立ちコンテンツ

1日何時間勉強すべきか【大学受験】

learning

1日何時間勉強すればいいのか

本やウェブサイトなどで、「受験生は1日最低8時間勉強しなさい!」「東大生は12時間以上勉強していた!」などのキャッチコピーを見かけることがあります。本やサイトによって推奨している勉強時間があまりに違っているので、どれを参考にすればいいのか分からなくなってしまいますよね。では、いったいどうやって1日の勉強時間を決めればいいのでしょうか。その方法を紹介していきます。

そもそも最適な勉強時間って決まってるの?

最適な勉強時間なんて、そもそもあるのでしょうか。まず、受験生によって志望校は様々です。第一志望の大学が国立なのか私立なのか、文系学部を受けるのか理系学部を受けるのか、センター試験を受けるのか受けないのか。受験生といっても、勉強内容や参考書はそれぞれ違ってきますよね。つまり、最適な勉強時間なんてものはありません!では、勉強時間を決める具体的な方法を紹介していきます。

現状と目標を確認する

まずは現状と目標を確認していきましょう。現状を確認する方法としては、模試を実際に受けることが一番良いでしょう。模試を受けることで、現在の自分の成績を把握し、得意分野・苦手分野を正しく認識することができます。大学受験まなぞうなら無料で模試を受けることができるので、ぜひ活用しましょう。(大学受験まなぞうに関する記事はこちら) 次に、目標を確認していきます。目標とは、ずばり志望校に合格することです。まだ志望校が決まっていない大学生も多くいると思います。そうした大学生は、現状の自分の成績に関しては全く気にせずに、自分が本当に行きたい大学を志望校として設定しましょう。努力次第で成績はいくらでも伸びるので、あまり現状の成績に関しては気にしなくてよいでしょう。

長期的な学習計画を立てる

志望校が決まったら、現在から受験直前までの学習計画を立てていきます。この際、教科ごとに計画を立てていく必要があります。この計画の立て方は、人によってさまざまですが、今回は「高校2年生が慶應義塾大学に合格するための英語の計画」という例で紹介します。

ジャンル 参考書 目標
英文法 UPGRADE 高2の間に5周
  新英文法頻出問題集1,2 高3の夏休み明けまでに各々3周
英単語 シス単 高2の間に5周、高3でも継続
英作文 英作文基本300選 高2の夏休み明けまでに300個全暗記
長文 やっておきたい英語長文500,700 500は高2の夏休み明けまでに、700は高3になるまでに
受験サプリ   関正生先生の授業を高2の間に全部見る

これは、あくまで例として挙げたものなので、実際にこれをやる必要はありません。しかし、長期的な計画はこのような感じでアバウトに書き出していきましょう。

短期的な学習計画を立てる

長期的な学習計画を立てたら、次は短期的な計画を立てていきます。例として、上記の表のUPGRADEについてみていきます。ここでは、高校2年生の間に5周という目標を設定しました。1年は12カ月なので、多めに見積もって半年で3周する必要があります。そうすると、1カ月で半周すればいいと分かります。このように細かくしていって、一週間当たりの計画まで立てていきましょう。ここでの注意点として2つのことが挙げられます。1つ目は、1日ごとの計画は立てないほうがいいということ、2つ目は、無理な計画を立てずにかなり余裕をもった計画を立てるということです。なぜかというと、急な用事が入ったときに計画が予定通りにならなくなってしまい、その結果として長期的な計画が狂ってしまう可能性があるからです。受験は長期戦なので、モチベーションの浮き沈みは誰にでもあります。なので、勉強に対するモチベーションが低いときであっても、しっかりとこなせるような余裕を持った計画を立てていくことが重要です。

1日の勉強時間を決める

短期的な学習計画を立てることができたら、1日の勉強時間を決めることは簡単でしょう。1週間の学習計画を達成するために、毎日コツコツと学習すればいいのです。この際、平日よりも時間があるからといって、土日に課題を溜め込まないように注意しましょう。毎日の継続が力になります。しっかりとした学習計画を立てて、志望校への合格を掴み取りましょう!