独学勉強法

独学勉強法【文系数学】

グラフ

数学は正しい勉強法を実践すれば一番の得点源になる

数学が苦手で、基礎から全くわからないという受験生を多く見てきました。そういった受験生は、数学の勉強を早々に諦めてしまう事が多いです。しかし、数学は正しい勉強法で学習していけば一番の得点源になりうる科目なのです。特に、私立文系の数学は難易度が低いので、数学を得意科目にしておくとかなり有利です。ですから、数学が苦手だからといって早々に数学の勉強を諦めずにじっくりと取り組んでみてください。数学はしっかり勉強をすれば確実に点数に結びついていきます。

数学が全くできない人向けの参考書

ここでは、本当に数学が苦手で、学校の授業にもついていけない学生向けの参考書を紹介していきます。まずは以下の参考書に取り組んでください。
高校これでわかる数学シリーズは、教科書レベルの基本事項を中心に収録された参考書です。数学が苦手な人でも理解できるようにつくられています。まずは、この二冊を完璧に理解する必要があります。完璧に理解するといっても、すべての問題を解く必要はありません。類題や章末問題は解かずに、例題だけを解いていってください。間違えた問題には必ずチェックをつけて、完璧に理解するまで何度も復習しましょう。

徹底的に基礎を固める

高校これでわかる数学シリーズをやりおえた人、あるいは学校の勉強にある程度ついていけている人は、以下の参考書に取り組んでください。

昔から有名なチャート式問題集で、いわゆる黄チャートとよばれる参考書です。受験生のあいだでは青チャートが有名だと思いますが、青チャートはかなり難しいので、この段階ではおすすめしません。では、黄チャートは簡単なのかといわれると、実は黄チャートにも難しい内容が含まれています。事実、この黄チャートを完璧にすればMARCHレベルの数学の問題は解けるようになるでしょう。また、黄チャートを学習する上で気を付けなければならないことがあります。それは、すべての問題を解かないということです。黄チャートは問題数が非常に多いので、すべての問題を解くのは非常に効率が悪いです。例題さえ解ければ問題はないので、どんどん問題を解いていきましょう。

基礎固めの仕上げ

黄チャートの問題がすべて解けるようになったら、基礎固めの仕上げとして以下の参考書に取り組みましょう。

一対一対応シリーズは、基礎固めの総仕上げのための参考書です。内容は難しいですが、応用問題を解くためには一対一を仕上げておくことが必須です。一対一の問題が解けるようになると、早慶レベルの数学で高得点をとることが可能になってきます。一対一の代わりに青チャートをやってもいいのですが、青チャートは問題数が非常に多く、さらに黄チャートと内容の被りもあるので、一対一をオススメします。

応用へ

ここまで紹介した参考書をこなしたら、いよいよ応用問題に取り組んでいきます。以下の参考書をオススメします。

プラチカの問題は、良問ばかりがそろっているのでしっかりと時間をかけましょう。一対一よりも難易度は高いのですが、一対一を完璧にしておくと、プラチカの問題はほとんど解けるようになっているはずです。プラチカの問題を解く過程で、一対一がいかに素晴らしい参考書であったか実感できると思います。また、プラチカの代わりに「新数学スタンダード演習」をやってもいいのですが、解答解説が不親切なので、プラチカをオススメします。

最後はやっぱり過去問

ここまで挙げた参考書をおわらせたら、あとはひたすら志望校の過去問を解いていきましょう。大学によって出題される問題に偏りがあるので、志望校の過去問を解いておくことは大事です。志望校に合格するためには、過去問の研究は必須といえるでしょう。しっかりと対策をして、万全の状態で試験に臨みましょう!